2018年10月30日火曜日

ショーレポ_10

おはようございます。
ハロウィーン前日ということで、先日作ったハロウィン柿を食べるのがいよいよ楽しみになってきました(*'ω'*)

さてさて、昨夜は沢山のご来場、誠にありがとうございます。

ハロウィンも近いことから、cossetteではダーク寄りな演目をいくつかお届けいたしました。

ではトップから順番に
Kazusa Yoshikawa "Dark Allure"
物語が主体の演目でした。もう最初から 「あかんって!w 接触したらダメだってw その人!」 と、いけないフラグが立ちまくりでしたね。 ラストは案の定…まぁ、こういう事になるんだろうなと思いつつも目が離せませんでした。 Clau Dagger "Fashion Monster"
前半のバットを振り回してしまう元気な演出と、後半のしっとりさが見事。 ステージ自体もアーティスティックで、本当に面白いステージでした。 この日もキュートだった( *´艸`) 

Yopi Yoshikawa "Angel Blood"
メッシュあるあるで、衣装から身がはみ出てしまうのを強行突破しようとした、私のサイドダンサーの代わりに、急遽スタ子が友情出演(*_*; 友情ありがたやー!! この演目は、後半部分だけ2年位前にベースができました。その後、前半のベースは復帰後の今年に入って作ったのですが、前半の演出を考えると、後半の演出ばかりを思いついてしまう。 イメージ図を描いてセットを作ってみたものの、なんかイメージと違う…違うんだw と、ちょっと色々としんどかった演目です。 ただ、ハロウィン期に発表しなくては、後半はドロドロ血しぶきな展開が待ち受けていたため頑張ってみました。 Kazusa Yoshikawa "Presage Flower"
ラストはしっとり…不思議な不思議なお話で。 男は花の精だったのか? とても気になるミステリアスな演目でしたね。 来月はどんな演目が待っているのかな?  楽しみにしてくださいね!

0 コメント:

コメントを投稿